Home > Archives > 2013年7月 Archive

2013年7月 Archive

マリーナベイサンズ追記

  • Posted by: シャトー文雅
  • 2013年7月25日 12:16

話題のベイサンズですが、2000室と言ったかなとにかくデカイですき by machibana.

ホテルと言うよりテーマパークの趣という感じ! by nackpawund.

2013071209300000.jpg

 

デカイだけにいろんな仕掛けがしてあって、びっくりしたのは、レストランとフロアーを仕切るパーテーションに空調が仕掛けてありました。

2013071209280000.jpg

これって何でもないようだけど、実際に何度も店を作って来た小シェフにしてみれば、非常に参考になります矢印上 by p-style.

パーテーションの横に黒いスリットが入ってるのが、空調の吹き出し口さんの絵文字

50数階まで吹き抜けてる巨大フロアーには、こんな工夫がしてあるのですねぇさんの絵文字

設計はいわばメニューと同じさんの絵文字

一人二人の料理を作るのと、何千人の料理を同時に作るのが、全く発想が違うのと似てますね。

我が友、ヒルトンホテルの笹田料理長がいつも何千人分の料理を作る話を平然としますが、これってやはりすごいkyu by tavico.

2013071209280001.jpg2013071209290000.jpg

シェフのシンガポール

  • Posted by: シャトー文雅
  • 2013年7月20日 12:02

109.jpg

 

バリ島の帰りにシンガポールに寄り、例のmiho0913さんの絵文字 マリーナベイサンズに泊まる事にしました。

最近、お客様がこのホテルに泊まられる方が多く、

多少なりとも情報とお話相手になればとついでに寄ったわけです。

(決して自分が泊まりたかった訳ではありませんよ)さんの絵文字

部屋は40階の角部屋でしたが、マーライオンが目の前でした。

(写真が小さくて見えませんね)

110.jpg

ちなみに、真下のVの白い屋根はヴィトン様のショップ。

まあ、あのV様は世界中、我が物顔で出て来ますねぇ。

111.jpg

それが良いやら悪いやら。

その手前の長い屋根は、カジノも入った、どでかいショッピングモールです。

このベイサンズホテル、部屋は大きめで、快適でいいのだけど、トイレとバスはイマイチ。

トイレは我がTOTOayakokokoさんの絵文字 で結構だけど、一昔前の手で蓋を持ち上げるタイプで、当然ウォシュレット機能は無し。なぜかなあ?

最新の設備が売りのホテルでも、トイレと風呂はどこでも日本より遅れてます。

バスタブは床置き式で、大理石の床はびしょびしょになって滑るし、シャワーヘッドも、拡散し過ぎて、石鹸が落ちないさんの絵文字

デザインはいいのだけど、機能性がねぇさんの絵文字

これはこのホテルに限らずのことで、お風呂回りは日本が断然進化してますねさんの絵文字

やはり温泉文化の国だから??って感想ですさんの絵文字

シェフのシンガポール

  • Posted by: シャトー文雅
  • 2013年7月14日 12:29

一夜明けて、今夜の帰りのフライトは深夜だし、さんの絵文字ランチは中国料理にしようと、マリーナベイサンズの反対側のフラトンホテルのヌーベルシノアを食べに行きました。

 

116.jpg
117.jpg

115.jpg

そしたらあのマーくんがすぐ近くにあり、さっきホテルの窓から見下ろした場所から、今度はホテルを見上げることに。

119.jpg118.jpg

なんのことはない、結果的にお上りさん観光客してました。ハハハ。さんの絵文字

シェフのマリーナベイサンズ

  • Posted by: シャトー文雅
  • 2013年7月14日 12:20

マリーナベイサンズの最大の目玉は屋上プールさんの絵文字でしょうかさんの絵文字

105.jpg

106.jpg

107.jpg

57階まで、10秒位の猛スピードでエレベーターは上り、そこにはスギノイパレスの棚湯とまがうプールが出現。

まぁ~いるわいるわさんの絵文字、まさに芋洗い状態にお客が詰めかけ、やっと一つ椅子をゲットしてこの写真です。

中国語、韓国語、英語、日本語、あらゆる言葉が乱れ飛んでました。

スギノイパレスの棚湯を知ってるシェフは、感動もイマイチさんの絵文字だけど、知らない外人さんには感動モノでしょうね。

案外このアイデアはスギノイが元かも知れませんね。

だって、お湯が入ったジャグジーも、小さいながらも傍にありましたから

夕方ともなると、このプールの真正面に真っ赤な夕日が落ちていくさまは、これは感動モノでしたよさんの絵文字

また日が暮れると、香港みたいにビルの屋上からレーザー光線のビームショーもあったり、結構気を使ってくれてるのかな?

ま、どっちにしてもここはサービスも雑だし、とりあえず一回行けばいいかな?って感想ですさんの絵文字

シェフのシンガポール777

  • Posted by: シャトー文雅
  • 2013年7月14日 12:16

108.jpg

シンガポールへのフライトは、何とアシアナが昨日着陸失敗して火災を起こしたばかりの777ですさんの絵文字

機内入り口でピックアップした新聞の一面に、事故を写真入りで大きく載せてる記事を読みながら、同じ機体て飛び立ちましたさんの絵文字

激しく燃えた座席付近が今回の私の座席だというのもご縁を感じましたねさんの絵文字

シェフのシンガポール

  • Posted by: シャトー文雅
  • 2013年7月14日 12:02

109.jpg

 

バリ島の帰りにシンガポールに寄り、例のmiho0913さんの絵文字 マリーナベイサンズに泊まる事にしました。

最近、お客様がこのホテルに泊まられる方が多く、

多少なりとも情報とお話相手になればとついでに寄ったわけです。

(決して自分が泊まりたかった訳ではありませんよ)さんの絵文字

部屋は40階の角部屋でしたが、マーライオンが目の前でした。

(写真が小さくて見えませんね)

110.jpg

ちなみに、真下のVの白い屋根はヴィトン様のショップ。

まあ、あのV様は世界中、我が物顔で出て来ますねぇ。

111.jpg

それが良いやら悪いやら。

その手前の長い屋根は、カジノも入った、どでかいショッピングモールです。

このベイサンズホテル、部屋は大きめで、快適でいいのだけど、トイレとバスはイマイチ。

トイレは我がTOTOayakokokoさんの絵文字 で結構だけど、一昔前の手で蓋を持ち上げるタイプで、当然ウォシュレット機能は無し。なぜかなあ?

最新の設備が売りのホテルでも、トイレと風呂はどこでも日本より遅れてます。

バスタブは床置き式で、大理石の床はびしょびしょになって滑るし、シャワーヘッドも、拡散し過ぎて、石鹸が落ちないさんの絵文字

デザインはいいのだけど、機能性がねぇさんの絵文字

これはこのホテルに限らずのことで、お風呂回りは日本が断然進化してますねさんの絵文字

やはり温泉文化の国だから??って感想ですさんの絵文字

シェフのバリ

  • Posted by: シャトー文雅
  • 2013年7月14日 11:51

114.jpg

ここが我が婿どののホームグランド、クタの海岸です01rose10さんの絵文字
波乗りmonkeygir-328さんの絵文字 には最高の波と出会える最高の海岸だそうです。

マイボードを飛行機に積みこんで、毎年毎年波に乗りに来ているそうで、アウトドアスポーツには全く興味が無いパパ様には理解のソトで、婿どのには申し訳ない限りですなあ。

まあ近い内に、波には乗れなくても、遊園地のメリーゴーランドでも乗って付き合いますかねさんの絵文字

酒も道楽も女の子にも縁が無い、仕事人間ってイヤハヤ寂しい限りですなあpt-0000000451さんの絵文字

バリ島の朝食

  • Posted by: シャトー文雅
  • 2013年7月14日 11:44
 

112.jpg

私の旅の楽しみの一つは、行った先のホテルでの朝食ですさんの絵文字

今日1日のスタートです。時間はまだたっぷりあります。

日本にいる間は、朝から一日中時間に追われた生活だから、旅ではなるべくゆっくりと時間をかけてさんの絵文字朝食をするようにしています。

とは言え、このようにベッドみたいなソファーで、靴を脱いで、足を投げ出して朝食したのはこれが生まれて初めての経験さんの絵文字

場所はバリ島のシェラトン。朝食レストランのバルコニーですさんの絵文字

この発想が実にいいですね。カチッと型にはまらないと落ち着かない日本人にはなかなか出来ない発想です。

こんなアイデアが私はとても好きですね。

あの生真面目シェラトンも、バリではヤルじゃんって感じでしたよさんの絵文字

このユルユルがいいですね。こんな発想をするには、幾つになっても頭は常に若くしてないとダメですなあさんの絵文字反省さんの絵文字

シェフのつれづれ

  • Posted by: シャトー文雅
  • 2013年7月14日 11:07

101.jpg

102.jpg

103.jpg

104.jpg

ここはどこでしょうさんの絵文字daitoukkさんの絵文字

もちろんパリではありませんね。

パリではなくバリですき by machibana.

インドネシア政府は自国の観光政策として、観光客と地元民が共存出来るようにと、

島の東海岸にあたるここヌサドア地区とブノア半島を封鎖して、入り口にゲートまで作って、完全に一般人から観光客を切り離し、

お互いに悪影響を及ぼさず、しかもマカオさえもしのぐ東洋一のリゾートエリアを作るという大胆な政策を取ったそうです。

これにより、世界中のホテルが競ってこの地区に、超がつく高級ホテルを打ち立て、今もなおホテル建設は進行中です

そのなかでもこのムリアリゾート&ビラは30ヘクタール(かな?)の広大な土地(東京ドーム9個分とか)に、ホテルとビラを、わずか100室と50棟の為に贅を尽くして出来上がったホテルです。

つまり1日わずか約300人位の為にディズニーランド位の広さのホテルをブッ建てたというから半端じゃないですね。

それもインターナショナルホテルではなく、ジャカルタについでここがまだ二軒目のチャイナ系財閥の資本だそうです。


昨夜、ここで夕食をさんの絵文字バイキングしましたが、それはそれは久しぶりにビックリさんの絵文字しました。

それなりに海外経験してるつもりの小シェフですが、料理人の私が料理に度肝を抜かされましたよ。

さんの絵文字バイキングでは何といってもドバイのアトランティスホテルが有名で、以前にわざわざ食べに行ったことがありますすが、ここはその比ではありませんでした。

あまりの驚愕にブログ用料理写真を撮り忘れました笑 by yuupan.

それくらい食べることに夢中になりました矢印 by yuupan.

世界中の三つ星レストランで活躍していたシェフ達を集めて来て料理を作らせてるそうで、味もさることながら、そのプレゼンテーションは豪華で素晴らしいの一言です。

ここに何日も泊まり、気が向いたらホテル内のバリ式スパに身を任せ(体験しましたがこれも最高!)、毎日バイキングすれば10年早く死んでもいいかなって気分になるかも知れませんよ。

知ったかぶりで言うと、日本中のホテルの料理長はわざわざでもこのバイキングは一見しておく必要がありそうですね。

都心の高級ホテルといえども、やはりこれからはこのような料理に重きをおいた他と差別化した内容が要求される時代になって来ています。

料理長級の人なら、きっと参考になるはずです。

一度泊まってみることを勧めます。従来型のホテルバイキングとは、はっきり一線を引いたブレゼンをしてましたよ。

私が泊まってるシェラトンだって、二年前に出来たばかりのホテルで頑張ってましたが、その差はお話になりませんでした。

予約はホームページから受けているそうです。

翌日また来てスパをやり、別棟のビラを見学したけど、私の趣味から言えばビラは少し寂しいかなakari-haruさんの絵文字 って感じでしたよ。

私はにぎやかなホテル棟が好きですね。
とにかく、今回も勉強になりましたゆう★ by cocoa321.

Index of all entries

Home > Archives > 2013年7月 Archive

Search
Feeds

Return to page top