Home > シェフの東北2

シェフの東北2

  • Posted by: シャトー文雅
  • 2013年6月20日 10:01

仙台へ来たついでに山形までという事になりました。
山形と言えばやはり蕎麦。

びっくりしたのは肉蕎麦の味さんの絵文字

2013061618250000.jpg2013061618280000.jpg

ひね鶏を煮てブイヨンをとり、そのブイヨンに醤油で味をつけ、白髪ネギをたっぶり載せた温かい汁蕎麦。

太めの手打ち蕎麦とこの出しが実に見事にマッチさんの絵文字

ほんの少し鶏から出た脂が蕎麦に絡まって、実に美味しい蕎麦に仕上がってます。

これは洋食にも応用がきくぞと、いつもの仕事病がムクムク。

ちなみにザルならぬ板に載せた板蕎麦は細い蕎麦をたべなれた私には理解出来ない味でしたさんの絵文字

板蕎麦の板の由来は、大勢に蕎麦を振る舞うのに、あまりの量の多さに、茹でる前に載せていた板箱に載せたのが由来とか。

なるほどザルほど水が切れず、ほど良く水が残って麺がくっつかずに、大勢で食べるにはこの方が良いかも。
食の文化は奥深いですなあさんの絵文字

山形はいまさくらんぼ収穫の最盛期でしたさんの絵文字

梅雨の短い間にこの小さな果実を収穫するのは、想像以上に大変な仕事だろうと、容易に想像がつきます。

さくらんぼの値段はその人件費かも知れないさんの絵文字
プチトマトを収穫したことあるから大変さが理解出来ますね。

とりたての佐藤錦は実に甘くて、ただ美味しいの一言でしたさんの絵文字

2013061711010000.jpg

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bunga-wedding.jp/mt/mt-tb.cgi/360
Listed below are links to weblogs that reference
シェフの東北2 from 文雅流シェフブログ

Home > シェフの東北2

Search
Feeds

Return to page top